こんにちわ^^江別市上江別にある歯医者 高砂歯科です

今日は6歳臼歯についてのお話です

お子さんが小学校入学前後の頃は、乳歯から永久歯へと生え変わる時期になります。その中でも5~6歳頃になると、今あ経ている乳歯の一番後ろに6歳臼歯と呼ばれる歯が生えてきます。

6歳臼歯は虫歯になりやすい歯です

この歯は噛み合う面にたくさんの溝があります。6歳ぐらいのお子さんはおかしなどの甘いものを食事以外に取ることが多いため、深い溝の部分に食べかすが入り込みやすく歯ブラシも届きにくいため虫歯になりやすくなります。

歯医者さんでのケア

家庭での歯ブラシや仕上げ磨きがとても重要ですが、歯科医院では虫歯になりやすい部分の溝にシーラントというフッ素入りの歯科材料を流し込むことで、溝の部分をふさいで、汚れやものが入り込むのを防ぐケアを行っています。また高濃度のフッ素塗布も数ヶ月に一度行うことにより強い歯へ成長していきます。

永久歯は生え変わらない

このように6歳臼歯は永久歯となりますので、乳歯のように生え変わってはくれず一生付き合っていく歯になるため、虫歯にしないように家庭と歯科医院でのケアがとても大切になります。

ー江別市上江別にある歯医者 高砂歯科ー