こんにちわ^^江別市上江別にある歯医者 高砂歯科です

小さい子供の歯を見てみるとなんだか黒っぽく虫歯のようになっているのを見たことがあるのではないでしょうか?

実はそれは虫歯ではなくサホライドというお薬によるものなのです

サホライドって何?どんな効果があるの?

サホライドはフッ素と銀でできた「フッ化ジアミン銀」という溶液のことです。効果としては虫歯の進行抑制、殺菌作用、フッ素が入っているので虫歯の予防効果などがあります

サホライドはどのようなときに使用するの?

サホライドは虫歯の進行止めのために使用します。乳歯の虫歯や、削るほどでもない小さな虫歯のときに使用します。

また、歯科治療に恐怖心があり虫歯を削ることのできないお子さんなどにも使用します。サホライドで様子を見て削れるようになったら虫歯を削るという方もいます。

サホライドの注意点は見た目が黒くなること

サホライドを塗ったところは銀が酸化することで黒く色が沈着します。

前歯に虫歯があると当然前歯が黒くが目立ってしまいます。そのためできる限りはきちんと虫歯を取り詰め物等の治療をすることを勧めています

サホライドが他の部位についてしまったら

サホライドは塗ってすぐなめたりすることで唇や頬などの他の部位についてしまうことがあります。その部分も黒く着色してしまいますが、一週間ほどで色は落ち着きます。

フッ素塗布の併用

サホライドを塗っただけでは他の部位の虫歯の進行は防げません。虫歯ができないような口腔内環境を作るためにも日々のブラッシングやフッ素塗布を行うことが重要です。

また定期的に虫歯がないか歯医者で確認することも大切です。いずれ抜けてしまうからではなく乳歯の頃から虫歯を作らないことが、大人になっても健康な歯でいることに繋がります

ー江別市上江別にある歯医者 高砂歯科ー