こんにちわ^^江別市上江別にある歯医者 高砂歯科です

本日は前回に引き続き歯周病治療についてお話させていただきます

感染経路

生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。もともといない歯周病菌がなぜ今お口にいるかというと、回し飲みや回し食いなどの人から感染してしまうことで、菌がお口の中に定着して歯周病を発症させてしまうのです。

歯周病菌を定着させにくくするには

お口の中にはカビ菌も存在しておりこれは口腔内常在菌といって、全滅させることはできないのですが、これが増えることによって歯周病菌が定着しやすくなり、歯茎が腫れたり歯周病菌が進行したりと悪影響がでます。よって歯周内科治療後に一度歯周病菌がいなくなったとしても、毎日の歯磨きと定期的なプロフェッショナルクリーニングによりカビ菌が増えないようなお口の中の環境作りが大切です。

その他の菌の状態に影響を与える要因

義歯:義歯はプラスチックで出来ておりプラークや菌が付着しやすい環境です。義歯に存在しているカビ菌がお口の中に侵入していまいます

タバコ:タバコをすうと歯肉の血管が収縮し、白血球が減少することで薬の効きが悪くなったり、歯肉の免疫力が下がることで歯周病になりやすく治りにくくなります。

全身疾患との関係

歯周病菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビ菌が肺に侵入すると肺炎にもなってしまいます。また歯周病菌も歯肉の血管から全身に広がることにより悪影響を与えてしまいます。歯周病菌が関わっているものとして主に心臓病・食道がん・糖尿病・早産・高血圧が挙げられます。

ここまでである程度歯周病の概論はお話させていただいたので、次回以降からは歯周病治療の具体的な内容についてお話させていただきます

       ー江別市上江別にある歯医者 高砂歯科ー